Print this 固定ページ

地震に備えて

東日本大震災は、3月11日14時46分頃に三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震として発生しました。
地震に伴う津波、火災、爆発等により、「東北地方太平洋沖地震」と気象庁に命名されたこの地震は多くの犠牲者を出してしまいます。

まだまだ余震が続く中、日本各地でまた大きな地震が発生するやもと言う噂が絶えません。
真偽はどうであれ、「備えあれば憂いなし」という教訓をいかしたいものです。
そこで、わたしたちができることをこれから考えていきたいと思います。

地震等の災害が発生すると、生活に大切な水、電気、ガス、通信機能などのライフラインが途絶えることが考えられます。
「もしも」の非常時の為に防災・避難グッズを整えておくことも大事です。

まず始めは、グッズの準備をしたいと思います。

この六種に分けて参考リストを作成しました。ご参照ください。

毎年9月1日は、防災の日として、政府、地方団体等などで、防災訓練が行われます。
慰霊祭も行われるこの日ですが、1923年9月1日発生した関東大震災にちなむもので、「災害への備えを怠らない」という願い、戒めとなって日本で定着しています。
関東大震災は、神奈川県が震源地で、その被害は、東京、千葉、埼玉、静岡、山梨、茨城、群馬、長野、栃木に及ぶものでした。
この週、あらためて「防災・避難グッズ」のなかのものの賞味期限、消費期限、サイズ(おむつや予備の服)を確認するのも良いでしょう。
夏用、冬用、など季節のみなおしにも良い機会です。

Permanent link to this article: http://311jishin.com/