«

»

Print this 投稿

非常時の防災・避難グッズ : 車内に置いておくもの

車内に置いておくものは、中が高温になる事を考慮し準備してください。夏の暑い時等、乗用車の車内温度は50℃以上上昇する可能性があります。

食料に関しては、多くの会社が、直射日光のあたる車内など暑くなる場所に長時間置いておくと、商品の容器が破損したり、味が変化することがあるので勧めない、と言っています。
飲料水等(車内に保存する時は、炭酸は避けるべき)の保管をおすすめしますが、くれぐれも暑い日差しの中の長期保存をしないよう配慮するなど、お気をつけ下さい。

震源地の位置によっては、車での避難は困難であると言われています。
東日本大震災では、たくさんの方が津波から逃げる途中、渋滞に巻き込まれ尊い命を失いました。
大好きな自家用車であっても、それを捨てて、時機を逃さず、走って高台に逃げるくらいの覚悟はしておいてください。

  • 飲料水

  • 懐中電灯

  • 宇宙食

  • 高温度になる車内保管でも大丈夫と説明されている。

  • 保温シート、エマージェンシーブランケット、又は寝袋


  • ガラスを割るハンマー

    ハンマーの先端の尖った所でドアの窓を叩く事。

  • 笛(ホイッスル)

Permanent link to this article: http://311jishin.com/2011/survival-goods/car/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>